自動車保険口コミ 対人補償無制限

対人補償は必ず無制限にしよう

対人や対物の補償額について、車保険のプロのおす
すめはどうなっているか自動車保険の口コミ・評判等
を調べみると、無制限が絶対に良いと言っています。

 

私たちからすれば、そんなにこちらの賠償金額が大き
くなるような事故など一生に一度あるかないかだろうと
思っていますから、自動車保険の金額を少しでも安く
するために数千万円の補償にする人がまだまだ多く、
おすすめが無視されているという状況です。

 

いくら大きな事故が珍しいと言っても、日常茶飯
事起きる事故がいつ我が身に降りかかるかは、
自分が気をつけていてもその可能性はあると思
っていますので、私は対人・対物無制限です。

 

毎日通勤に車を使う人というのは、ほかの人と比べ
て1日の内のほとんどを自分の足がわりにしている
のですから、テレビニュースで流れる人身事故を観
て、「明日は我が身かも」と思う人もいると思います。

 

ところが今年も無事に済んだからと、人身事故を
起こしても、自賠責から3000万から4000万円
程度まで補償されるから大丈夫だと・・・

 

任意保険に対して、わざわざ保険料を
高くしてまで補償金額を充実させる必
要は無いと考てしまう人がいます。

 

実は、対人の補償額を無制限にしたところで数千円程度
しかアップしないのです。ほんの少しの金額で大事故に
巻き込まれた時に、「しまった」と言っても遅いわけです。

 

自分の運命が大きく変わって
しまう場合だってあります。

 

人を死亡させたり大ケガを負わせた時の賠償金は、物
や治療費だけでなく、その人の給料補償やその他いろ
んな補償が加わり、億を超すということもあるのです。

 

いくら加入している自動車保険会社が優れていても、また
口コミでの評判が良く評価の高い車保険であっても、自分
が加入している金額以上の補償をすることができません
から、ダイレクトに自分がかぶることになるのです。

 

せっかく見つけた素晴らしいと感じる自動車保険な
のですから、何があっても自動車保険会社のスペ
シャリストが自分のために存分にその力を発揮して、
どんな事故でもすべて解決してもらえるような充実
した保険内容にしておきたいものですね。

 

今一度、過去にどんな事故があり、どれ
だけの補償をしなければならなかったの
か事故例を見て考えてみましょう。

 

補償が支払えないことが、自分だけでなく自分に関
わる家族をも巻き添えにする悲惨なことになります。

 

自動車事故というのは加害者になっても被害者に
なっても辛く重いものですから、せめて補償につい
ては背に負わないようにしたいものだと思うのです。

 

■■対人補償は万全を期して無制限を!■■

 

対人補償をいくらに設定するのが良いかと聞かれ
れば、無制限に決まっていると私は答えています。

 

自動車保険の口コミや評判を見てみると、確かに最近は
自動車保険をネットでダイレクト契約することで、安くて高
い補償を得られるからと見積りや資料請求をしている人
が多くなりましたが、そのために金額ばかりを気にして
車の保険料ありきで補償はその次という考え方をする
人が増えているようです。

 

通勤や通学に利用するのに日常やレジャー利用としてみ
たり、対人賠償や対物賠償においても、どうせ今年も大し
た事故を起こすことはないだろうと補償金額を削り、ただ
ただ激安に安い自動車保険に加入しようという見積り比
較は、本当にそれで良いのかと思ってしまいます。

 

自動車保険一括見積りは自分のプランだけでなく、
おすすめのプランも同時に見積もってくれているの
はその点の警告もあるのだと私は思っています。

 

お得というのは、補償がどれくらい充実して
いるかということが先にあるものです。

 

車と歩行者や自転車のおいて、過失割合はいつも
車側の方が高いのが一般的です。飛び出しや酒に
酔って寝転んでいたなどと相手が悪いのに、刑事責
任は免れても民事的には6割ほどの過失割合を負
担することになるのが当たり前のようです。

 

また相手を死亡させてしまった場合などは、
例え6割であっても1億や2億の金額の支
払いをしなければならなくなります。

 

事故というのは、本当にいつどこで巻き込まれる
ことになるのかわからないので恐怖です。

 

単純な事故ばかりではありません。

 

私の姉の話になりますが、姉の車が信号待ちで停止
している後ろに1台停止しており、その後ろから助手
席の人としゃべっていたために、脇見運転をしていた
若い男性が追突し、追突された車が姉の車にぶつか
るという事故体験を聞かされました。

 

これは完全停止状態のために、ぶつけられた2台とも
に脇見運転の男性が100%負担となったそうです。

 

けれどその時、姉の後部座席には子供たちも
乗っており、身体は無事だったそうなんですが
どうやら後ろの車は破損状況がひどく、運転者
はムチ打ちで救急車で運ばれたそうです。

 

姉が言うには、被害者であったとしても脇見運転
していた男性の立場は自分と重ねて考えることも
あって、対人補償は無制限にしておいたほうが絶
対に良いと改めて感じたそうなんです。

 

それと搭乗者傷害保険についてですが、
大きな補償をしなければならない事故は
他人事ではありません。

 

明日は我が身と、心を引き締めて
かからなければなりません。

 

また、示談交渉は自動車保険会社が万全に
行ってくれるというものの、契約以上のことは
できませんから辛いところでもありますね。

 

本当の万全というのは、自分自身のプラン
の組み立て方にあると私は思っています。

 

>>対物無制限がどうして必須なのかのページに進む

 

>>自動車保険口コミ・評判TOPに戻る