自動車保険口コミ 自動運転による交通事故での責任の所在

自動運転と自動車保険の行方

自動車の開発技術の革新により、自動
ブレーキを搭載した車も増えてきました。

 

2018年度より、自動ブレーキ機能を搭載した車の任意保険
料が大幅に割引されることも発表されたのをご存知でしょうか?

 

また、アクセルも自動で制御する自動車もすでに登場し始めています。

 

このことから、今後目的地まで自動走行してくれる自動車が増えてい
くことが想定され、便利な社会環境になったことを感じさせられます。

 

その一方で、このような車が事故を起こした場合、
責任の所在はどこにあるのかという問題が生じてきます。

 

自動運転の事故では車の運転席に座っていた人が
責任を負うのでしょうか、それとも不備のある自動運
転システムを作ったメーカーが責任を負うのでしょうか。

 

現在のスタイルで自動運転による技術が発
展していけば、完全な自動運転自動車とい
うものが登場することが予想されます。

 

そして、そのような完全自動運転の車が事故を起
こした場合、メーカーが責任を負うと考えられます。

 

とは言え、実際どうなるかはわかりません。

 

ところが自動運転の事故の事例があるのです。

 

2016年、自動運転モードを搭載した車が自
動運転モード中に死亡事故を起こしました。

 

この事故では、メーカーが自動運転モードは安全
運転を担保するものではないと表明していたこと
から、責任の所在は運転者にあるとされました。

 

今後はもっと判断が難航するケースも出てくることが予想されます。

 

例えば、自動運転モードと手動運転モードの切り替えのタイミング
での事故の責任の所在はどこにあるかという問題が考えられます。

 

自動運転から手動運転に切り替えた瞬間、
責任がメーカーに切り替わるとは限りません。

 

手動運転に切り替えて0.1秒で発生した事故であれば、
普通に考えれば自動運転を原因とした事故でしょう。

 

それでは、2秒後ならどうでしょうか?
3秒後、10秒後ではどうなるのでしょうか?

 

このように考えると秒数だけで判断していくこと
には無理があり、実際に発生した事故ごとに個
別に責任の所在を判断していく他ないでしょう。

 

また、従来の交通事故の過失割合のような運転
者とメーカー(あるいはソフトウェアの整備者)の
責任割合も問題視されることになってくるでしょう。

 

自動運転による事故は被害者から見れば大きな問題です。

 

従来では、交通事故の被害者は加害者たる運転者
に損害賠償請求していれば間違いありませんでした。

 

しかし、自動運転の事故の場合、被害者は運転者とメー
カーのどちらに損害賠償を請求すればいいのでしょうか。

 

これは法律的な賠償責任の問題ではありますが、
自動車保険の問題と置き換えることも可能です。

 

従来の交通事故では、被害者は概ね加害
者の加入する保険で補償を受けてきました。

 

つまり、保険会社が補償を肩代わりすればいいのです。

 

このようなシステムの導入はすでに始まっています。

 

損害保険大手の東京海上日動は、2017年4月
から被害者救済費用等補償特約をすべての自
動車保険に自動付帯することを発表しています。

 

この特約は、自動運転による交通事故において責任
の所在がはっきりしない場合にも、運転者が加入す
る自動車保険で被害者を救済するというものです。

 

自動運転に関する責任問題は法律上の問題としては
今後も議論を重ねていく必要がありますが、自動車保
険においては、このような特約が業界全体に浸透す
れば、一応解決することになると言えそうです。

 

>>飛び石事故防止と自動車保険のページに進む

 

>>自動車保険口コミ・評判TOPに戻る